よく読まれている記事



近江小室藩/小堀家1万630石:小堀政方 伏見奉行時代に民衆の怒りを買ったことで廃藩【幕末維新写真館】

近江小室藩/小堀家1万630石:小堀政方 伏見奉行時代に民衆の怒りを買ったことで廃藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
近江小室藩

【説明】
近江小室藩の藩祖は「小堀遠州」の名で知られた小堀政一である。政一の父の「小堀正次」は浅井長政、豊臣秀吉に仕え、「関ヶ原の戦い」では東軍に与して戦功を挙げたことから、備中松山を中心に1万4460石の所領を与えられた。慶長9年(1604年)に正次が死去すると、子の政一(遠州)が跡を継いだ。このとき政一は2000石を弟の「小堀正行」に分与している。

元和5年(1619年)、政一は備中松山より近江小室に移封となり、近江小室藩が立藩された。第2代藩主「小堀正之」は弟に1000石を分与している。第4代藩主「小堀政房」も弟2人に500石、300石を分与したため石高は1万630石となる。第5代藩主「小堀政峯」は7年半にわたって若年寄を務めたことから、譜代大名の格式を許され雁間詰となった。

政峯の死後、跡を継いだ第6代藩主「小堀政方」は伏見奉行などを歴任し、さらに老中として権勢を振るった「田沼意次」に対して距離が近かったため天明5年(1785年)に失脚する。

田沼意次が失脚すると、親田沼派の大名であったということから、反田沼派の首謀者「松平定信」がさらに追い討ちをかけた。天明8年(1788年)5月6日、伏見奉行在職中に伏見の義民による決起事件があり、それにより不正、服務規程違反などが幕府の知るところとなり改易となり、相模小田原藩主大久保家にお預けの身となった。小堀政方の子の「小堀政登」も同時に改易され近江小室藩は廃藩となった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)