よく読まれている記事



水口藩/加藤家2万5千石:加藤明実【幕末維新写真館】

【藩名】
水口藩

【説明】
天和3年(1682年)、賤ヶ岳の七本槍の1人として知られる加藤嘉明の孫で、外様の石見吉永藩(1万石)藩主・加藤明友が祖父と自身の功により1万石の加増を受け、2万石で近江国水口城主となり立藩。水口城は造園の名手・小堀政一(遠州)の手によるものと伝わる。
子の明英は譜代の格式を与えられ、元禄3年(1690年)に寺社奉行から若年寄に昇進し、5,000石の加増を受けて元禄8年(1695年)、下野壬生藩に移封となった。

替わって能登下村より、譜代の鳥居忠英が2万石で入部する。忠英は正徳元年(1711年)、寺社奉行から若年寄に昇進し、正徳2年(1712年)に下野壬生藩に移封となった。同年、入れ替わりに下野壬生藩より加藤明英の嗣子・嘉矩が2万5,000石で入部した。以後、明治維新まで加藤氏が領することとなった。明治4年(1871年)、廃藩置県により廃藩となり、水口県となる。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください