よく読まれている記事



膳所藩/本多家7万石:本多康穣【幕末維新写真館】

【藩名】
膳所藩

【説明】
幕末期、最後の藩主である本多康穣の代に藩内では尊王派と佐幕派が藩の主導権をめぐって争った。このため、将軍・徳川家茂の膳所宿泊が中止になるほどであったが、藩内部でやがて佐幕派が力を盛り返し、尊王派11名を処刑した。また尊王派の先鋒の川瀬太宰も幕吏新撰組に捕えられ殺される。川瀬太宰は筆頭家老戸田資慶の叔父でもあった。その後その川瀬太宰が藩主にも説いた尊王論が盛り返し、明治元年(1868年)の戊辰戦争では新政府側に与して桑名藩攻めに出兵した。

翌年の版籍奉還により、康穣は藩知事となり、明治4年(1871年)の廃藩置県で膳所藩は廃藩となって膳所県、大津県を経て、滋賀県に編入されたのである。ちなみに、佐幕派に殺された尊王派11名は11烈士として安昌寺に祀られている。

膳所藩は1865年4月、全国に先駆けて「廃城願い」を出した。膳所城は湖に突き出た水城で、維持費が嵩むうえ、近代戦に不向きなため一説には天守閣から石垣に至るまでを1200両で売りに出されたとも言う。 廃城に至り伊藤久斉という藩士はショックのあまり発狂し物乞いになったが町民の尊敬を受けていて、1921年に亡くなった際には町民による町民葬が行われた。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください