よく読まれている記事



朽木藩/朽木家2万石:朽木元綱 関ヶ原の戦いで寝返るも減封され大名の資格を失う朽木家【幕末維新写真館】

朽木藩/朽木家2万石:朽木元綱 関ヶ原の戦いで寝返るも減封され大名の資格を失う朽木家【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
朽木藩

【説明】
朽木氏は「朽木谷城」を本拠として代々室町幕府奉公衆を務めていた。戦国時代の当主「朽木元綱」も「足利義輝」「足利義昭」に仕え、外祖父には公卿の飛鳥井雅綱を持つなどの名門だった。織田信長が越前朝倉攻めを行っている際、浅井長政の裏切りで危機に陥ったときに京都への脱出を助け、その後、信長や「豊臣秀吉」に仕えて2万石を領した。

朽木藩/場所・アクセス・地図 朽木家2万石:朽木元綱 関ヶ原の戦いで寝返るも減封され大名の資格を失う朽木家【幕末維新写真館】

元綱は「関ヶ原の戦い」では当初は西軍につくが、本戦では「小早川秀秋」の東軍への裏切りに同調して共に寝返る。しかし、徳川家康はその挙動に不信を抱き本領の近江朽木は安堵したものの、総石高は9550石に留まり大名としての資格を失った。

朽木藩/場所・アクセス・地図 朽木家2万石:朽木元綱 関ヶ原の戦いで寝返るも減封され大名の資格を失う朽木家【幕末維新写真館】

この時点で豊臣政権における朽木藩は消滅する。その後、朽木氏は交代寄合として徳川幕府に仕え、朽木谷に陣屋を持つことを認められて、大名に準じる扱いを受けた。元綱の没後、長男「朽木宣綱」が6470石を与えられ残りは2人の弟に分知され共に幕臣となった。

朽木藩/場所・アクセス・地図 朽木家2万石:朽木元綱 関ヶ原の戦いで寝返るも減封され大名の資格を失う朽木家【幕末維新写真館】

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)