よく読まれている記事



大溝藩/分部家2万石:分部光謙 幕末時は藩主が中風のため目立つことがなかった大溝藩【幕末維新写真館】

大溝藩/分部家2万石:分部光謙 幕末時は藩主が中風のため目立つことがなかった大溝藩【幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
大溝藩

【説明】
大溝城は戦国時代に浅井長政の旧臣で「織田信長」に降っていた「磯野員昌」や一族の「津田信澄(信長の甥)」が治めていた。しかし、元和5年(1619年)8月27日、伊勢上野藩から「分部光信」が2万石で入封し大溝藩が立藩された。

大溝藩/場所・アクセス・地図 分部家2万石:分部光謙 幕末時は藩主が中風のため目立つことがなかった大溝藩【幕末維新写真館】

第11代藩主「分部光貞」のときに幕末の動乱を迎えたが、光貞は中風に倒れていたため、藩としての幕末における目だった行動は見られない。光貞は「版籍奉還」の翌年に死去し、後を子の「分部光謙」が継ぐが、光謙は明治4年(1871年)7月の「廃藩置県」直前に藩知事を辞任し大溝藩は廃藩となった。その後、大溝県は大津県に併呑された。

大溝藩/場所・アクセス・地図 分部家2万石:分部光謙 幕末時は藩主が中風のため目立つことがなかった大溝藩【幕末維新写真館】

光謙は昭和19年(1944年)11月29日に死去し、江戸時代の藩主で最後まで生存した人物として、上総請西藩主「林忠崇」、安芸広島藩主「浅野長勲」と共に後世に伝わっている。

大溝藩/場所・アクセス・地図 分部家2万石:分部光謙 幕末時は藩主が中風のため目立つことがなかった大溝藩【幕末維新写真館】

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)