よく読まれている記事



八田藩/加納家1万3千石:加納久儔 飛地である上総国一宮へ陣屋移転のため廃藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
八田藩

【説明】
三河国出身の「加納久直」が徳川家康に仕えて紀州藩に属するのが始まりである。久直の孫「加納久通」は紀州藩主「徳川吉宗」の将軍就任に従って江戸城に入り、延享2年(1745年)に吉宗が隠居したときには若年寄に任じられて吉宗直属となった。享保元年(1716年)、吉宗が将軍識に就いた頃に伊勢国内で1000石、翌年に下総国相馬郡内で1000石、享保11年(1726年)には伊勢・上野国内で8000石を与えられ合計1万石を領する大名となった。そして東阿倉川に陣屋を構えて八田藩が立藩された。

寛政8年(1796年)には上野国内でさらに3000石を加増された。第3代藩主「加納久周」は若年寄となった。ちなみに加納氏八田藩は参勤交代を行なわない定府大名であった。第5代藩主「加納久儔」が飛地である上総国一宮に陣屋を移したため、八田藩は廃藩となり、以後、加納氏は一宮藩として存続した。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)