よく読まれている記事



美濃高松藩<松ノ木藩>/徳永家3万石:徳永寿昌 関ヶ原の戦いの功績で美濃高須藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
美濃高松藩<松ノ木藩>

【説明】
美濃高松城にははじめ、吉村信実・吉村氏吉が入封していた。吉村親子は「織田信長」に仕えたが、信長没後はその次男である「織田信雄」に仕えた。しかし信雄が改易されると吉村親子は「徳川家康」に従い関東に移った。

代わって高松には「豊臣秀吉」の家臣「徳永寿昌」が2万石で入封する。寿昌は後に3万石に加増された。慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」で、寿昌は東軍に与して西軍の「池田秀氏」らを攻めるなどの戦功を挙げた。この功績を認められて同年11月、5万6000石に加増の上で美濃高須藩に移されたため美濃高松藩は廃藩となり、同時に美濃高松城も破却された。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)