よく読まれている記事



十七条藩/稲葉家1万石:稲葉正成 下野真岡藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】
十七条藩

【説明】
「小早川秀秋」の家老「稲葉正成」は「関ヶ原の戦い」で「平岡頼勝」とともに秀秋の東軍裏切り工作を行なった人物として有名であるが、秀秋没後に浪人する。やがて「徳川家康」に召し出され、慶長12年(1607年)、美濃国内に1万石を与えられて十七条藩を立藩した。

元和4年(1618年)2月、正成は「松平忠昌」付の大名として越後糸魚川藩2万石に移されることとなったが、正成は忠昌に従うことを嫌ったため、寛永4年(1627年)2月、下野真岡藩2万石に移され十七条藩は廃藩となった。

なお、稲葉正成の前妻は3代将軍「徳川家光」の乳母となる春日局である。この関係から稲葉家お立身が始まることになる。

【場所・アクセス・地図】






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください