よく読まれている記事



掛塚藩/加々爪家1万3千石:加々爪直清 旗本成瀬正章と争い所領没収の上改易【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
掛塚藩

【説明】
「加々爪忠澄」は「関ヶ原の戦い」「大坂の陣」で武功を挙げたため、加増を受けて、寛永10年(1633年)に9500石を与えられた。忠澄の後を継いだ「加々爪直澄」は「徳川家光」のもとで御小姓を努めたことから2000石を与えられた。

寛永18年(1641年)に忠澄が死去すると、その家督と所領9500石を「加々爪直直澄」が継いで、合計1万1500石を領する大名となって諸侯に列し、掛塚藩を立藩した。

このとき、直澄は弟の信澄に1000石、定澄に500石を分与した。寛文元年に寺社奉行となって、さらに3000石を加増された。延宝7年(1679年)に直澄が隠居した後は「加々爪直清」が後を継いだ。しかし天和元年(1681年)2月、直清は旗本の「成瀬正章」と領地の境界をめぐって争うというと、直清に落ち度があったとして幕命により所領を没収されて改易されてしまった。

【場所・アクセス・地図】






※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)